コンテンツにスキップする

NY原油(18日):大幅反落、サウジ石油相の「供給超過」発言で

ニューヨーク原油先物相場は 反落。世界最大の原油輸出国であるサウジアラビアが市場の供給は足 りていると述べたことが響き、4営業日ぶりの下落となった。

サウジアラビアのヌアイミ石油鉱物資源相は17日、原油市場は 「供給超過」だと述べた。また石油消費の伸びが著しい中国では、イ ンフレ抑制のために預金準備率が引き上げられ、市場はこれを需要の 伸び減速を示す兆候と受け止めた。

トラディション・エナジー(コネティカット州スタンフォード) のアナリスト兼ブローカー、ジーン・マクギリアン氏は、「サウジが 言いたいのは、仮に供給超過ではないとしても供給は足りているとい うことだ」と指摘。「中国が景気は強すぎるとみて対策を講じたとい う事実は、原油市場から熱気を奪った」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物5月限は前営 業日比2.54ドル(2.32%)安の1バレル=107.12ドルで終えた。 この1年間では29%の上昇。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE