コンテンツにスキップする

グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式市場で、ハンセン指数は3営業日続落。中国の不動産 株が安い。中国人民銀行(中央銀行)がインフレ抑制に向けて預金準 備率を引き上げたことが響いた。

中国政府系の不動産開発会社、チャイナ・リソーシズランド (華潤置地、1109 HK)は3%下落。中国建設省傘下の中国海外発 展(688 HK)は2.1%下げた。世茂房地産(813 HK)は1.6%安。 日本式レストランを展開する味千(中国、538 HK)は会長が自社株 を売却したことから、11%値下がりした。

時価総額でアジア3位の保険会社、AIAグループ(1299 HK) は2.6%上昇。1-3月期に新規事業の価値が増加したとの発表が好 感された。

ハンセン指数は前週末比177.76ポイント(0.7%)安の

23830.31で終了。一時は0.6%高まで上昇していた。45の構成銘 柄中、値上がり銘柄と値下がり銘柄の比率は約1対4。ハンセン中国 企業株(H株)指数は同0.9%安の13410.90。

KGIアジアのベン・クウォン最高執行責任者(COO)は、 「中国の一段の引き締めに対する懸念が続いている」と指摘し、「投 資家が不動産市場の過熱を抑える追加措置が取られると警戒している」 と述べた。

【中国株式市況】

中国株式市場では、上海総合指数が続伸。主要都市の住宅価格 の伸びが3月に鈍化し、資産バブル抑制策が奏功しつつある可能性が 示されたほか、銀行の預金準備率引き上げは経済に悪影響を及ぼさな いとの観測が背景にある。

中国2位の不動産開発会社、保利房地産集団(600048 CH)や 最大手の万科企業(000002 CH)などの不動産株が上昇。資産運用 会社フランクリン・テンプルトン・シーランド・ファンド・マネジメ ントが不動産株に投資妙味があるとの見方を示したことが好感された。 電力会社の上海電力(600021 CH)や中国長江電力(600900 CH) も高い。政府がオングリッド価格(送電事業者向け価格)を約1年ぶ りに引き上げたことが手掛かり。

ビールメーカーの重慶ビール(600132 CH)は約2カ月ぶり大 幅安。他の消費材関連株も下げた。原材料価格上昇で利益率が圧縮さ れるとの懸念が広がった。

フランクリンのポートフォリオマネジャー、パン・ジャン氏は、 「預金準備率引き上げが予想通り実施されたが、市場はその影響を既 に織り込んでいる」と指摘。「中国株式市場については全般に極めて 楽観的だ」として、不動産株など「特にバリュエーションの低い銘柄」 を挙げた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動 している上海総合指数は、前週末比6.8ポイント(0.2%)高の

3057.33で終了。上海、深セン両証取のA株に連動しているCSI 300指数はほぼ変わらずの3359.44。

【インド株式市況】

インド株式相場は続落。インフォシス・テクノロジーズの1-3 月(第4四半期)利益が予想に届かなかったことをきっかけに、競合 企業の業績に対する懸念も強まった。

ソフトウエア輸出でインド2位のインフォシスも続落。クレデ ィ・スイス・グループは「予想を下回る」業績と「弱い収益率見通し」 を理由に、インフォシスの投資判断を「アウトパフォーム」から「ニ ュートラル」に引き下げた。

国内最大の銀行、インドステイト銀行は2週間ぶり大幅安。イン ド準備銀行(RBI、中央銀行)がインフレ対策で利上げに踏み切る との見方から売られた。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種株価指数は前週比

295.65ポイント(1.5%)安の19091.17で終了。

インフォシス(INFO IN)は2.8%安の2906.10ルピー。15 日には9.6%下げ、約2年ぶりの大幅安となった。ステイト銀 (SBIN IN)は2%安の2751.55ルピー。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前週末比9.8ポイント(0.2%)高の

4861.9。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前週末比2.78ポイント(0.1%)安の

2137.72。

【台湾株式市況】

加権指数は前週末比3.64ポイント安の8714.48。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前週末比8.92ポイント(0.3%)安の3144.38。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前週末比5.98ポ イント(0.4%)高の1527.92。

【タイ株式市況】

SET指数は前営業日比5.76ポイント(0.5%)高の

1090.67。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前週末比3.44ポイント(0.1%)安の

3727.07。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前週末比17.55ポイント(0.4%)高の

4269.19。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE