コンテンツにスキップする

シティやモルガンS、ドイツ銀などに無罪判決-伊パルマラット訴訟

2003年に破綻したイタリアの 食品会社パルマラット・フィナンツィアリアに関する裁判で、シティ グループとドイツ銀行、モルガン・スタンレー、バンク・オブ・アメ リカ(BOA)とそのバンカーらに無罪の判決が出た。

ミラノの検察当局は、パルマラットの社債発行に際してこれらの 銀行が同社の財務状態を知りながら販売を進めたと主張していた。パ ルマラットの創業者のカリスト・タンツィ氏は投資家を欺いた罪で起 訴され、有罪判決を受けた。同社は倒産後に、公表していた8倍の債 務があることが分かった。

シティは判決によって同行と従業員が不正に関与していなかった ことが確認されたとの文書をミラノで記者団に配布した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE