コンテンツにスキップする

NY原油先物時間外:4日ぶり下落-サウジが「供給過剰」と指摘

ニューヨーク原油先物相場は18 日の時間外取引で、4営業日ぶりに下落。世界最大の原油輸出国サウ ジアラビアが世界市場について供給過剰との見方を示した。

原油先物相場は一時、1%下落した。サウジのヌアイミ石油鉱物 資源相は17日、世界の市場について「過剰供給」と指摘した。エネル ギー価格の高騰で景気拡大が阻害されるとの見方で、先週の相場は

2.8%下落した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物5月限は一時、

1.04ドル安の1バレル=108.62ドルを付けた。シンガポール時間午後 3時31分(日本時間同4時41分)現在、108.67ドルで推移している。 6月限は1.06ドル(1%)安の109.16ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE