コンテンツにスキップする

東電:14-15メートルの津波は想定できず、甘かった-清水社長

東京電力の清水正孝社長は18日の参 議院予算委員会で、福島第一原子力発電所事故に関連して「14-15メー トルの津波は想定できなかった」と述べた。共産党の大門実紀史議員の 質問に答えた。

清水社長は「想定が甘かった」と認めた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE