コンテンツにスキップする

中国:送電事業者向け電力価格を16省で値上げ、燃料高に対応-新華社

中国は送電事業者が発電事業者に 支払う電力価格を16省で引き上げた。燃料費上昇に対応した。新華社 通信などの国営メディアが18日伝えた。

新華社によると、オングリッド価格(送電事業者向け価格)はキ ロワット時当たり平均0.012元(約15銭)引き上げられた。詳細には 触れていない。中国国家発展改革委員会(発改委)の李樸民報道官に は連絡が取れなかった。中国は世界最大のエネルギー消費国。

発改委の張暁強副主任は16日時点で、中国が今月10日から一部 の省でオングリッド価格を引き上げた半面、インフレ圧力がある中で 消費者が負担する小売価格を「ほとんどの省」で据え置いたと述べて いた。前回の値上げは2009年11月。

新華社傘下の中国紙、上海証券報は18日、オングリッド価格の引 き上げ幅が最も大きかったのは中国北部の陜西省で、キロワット時当 たり0.026元と報じた。情報源は明らかにしていない。引き上げ幅が 最も低かったのは同0.004元だった。場所には触れていない。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 重松 典子 Noriko Shigematsu +81-3-3201-3986 nshigematsu@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Baizhen Chua in Beijing at +86-10-6649-7561 or bchua14@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Clyde Russell at +65-6311-2423 or crussell7@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE