コンテンツにスキップする

首相:東電の見通しの早期実現に向け政府も全力で協力する―答弁

菅直人首相は18日午前の参院予算委 員会で、東京電力福島第一原子力発電所事故をめぐり、東電が17日「事 故収束に向けた道筋」を発表したことについて、道筋のステップ2が達 成できれば、住民の帰宅へ向けた「一定の方向性」が出せると報告書は なっていると理解していると述べた。その上で、東電の見通しができる だけ早く実現できるように「政府としても全力を挙げ、東電のこの作業 に対しては協力する、あるいは一緒になってやる、あるいは叱咤激励し て国の力でやっていけることはやっていく、こういう姿勢で臨んでいき たい」と強調した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE