コンテンツにスキップする

【個別銘柄】輸出、JR東日本、TDK、中部電、七十七銀、東天紅

きょうの日本株市場で、株価変動 材料が出た銘柄の終値は以下の通り。

輸出関連株:ソニー(6758)が前週末比1.4%安の2427円、日産 自動車(7201)が1.1%安の715円、コマツ(6301)が1.2%安の2752 円など。ギリシャの債務再編への思惑からユーロが売られ、為替市場 では一時1ユーロ=118円90銭台と4月1日以来の水準まで円高が進 行。ドル・円でも82円台後半と円高気味で、採算悪化が懸念された。 また中国人民銀行は17日、インフレ抑制を狙いことし4度目となる預 金準備率の引き上げを発表。中国経済減速への警戒も重しとなった。

JR東日本(9020):1.9%安の4500円。JTBは18日、2011年 のゴールデンウイーク(4月24-5月4日)の国内旅行が前年比28% 減、海外旅行は同17%減になりそうとの旅行動向見通しを発表。需要 減退を見込む売りが運輸株の一角に出て、全日本空輸(9202)も1.3% 安の232円と軟調だった。

ソフトバンク(9984):2.4%安の3280円。ゴールドマン・サック ス証券では、本業のモバイル通信事業は高成長期から安定成長期・成 熟期に移行しているとの考えを示した上で、15日付で投資判断を「中 立」から「売り」に引き下げた。

TDK(6762):3.7%安の4305円で、日経平均株価に対する下落 寄与度はソフバンクに次ぐ2位。米紙ウォールストリート・ジャーナ ルは17日、韓国のサムスン電子が成長に向けた資金調達を目指し、H DD部門を売却、買い手候補に世界最大の駆動装置メーカーの米シー ゲート・テクノロジーが上がっていると報道。TDKが手掛けるHD D用磁気ヘッドの納入シェアに影響が及ぶと警戒された。ゴールドマ ン・サックス証では、目標株価を5300円から4800円に引き下げ。

KDDI(9433):0.4%安の49万9000円。東京電力が、保有す るKDDI株を売却する調整に入ったと17日付の日本経済新聞朝刊 が報道。福島第1原子力発電所事故の賠償に向けた資産リストラの柱 で、KDDI株以外の保有株や不動産などの売却も検討するという。 KDDI広報担当の桜井桂一氏は、「こういう話は東電から聞いていな い」と説明。需給悪化懸念で、東電が株式を保有する高岳製作所(6621) も4.1%安の349円、東光電気(6921)も2%安の446円など。

中部電力(9502):4.1%安の1814円。福島第1原発事故の賠償策 で日本政府は、電力各社が資金拠出する「原発賠償機構(仮称)」設立 の検討に入った、と17日付の読売新聞朝刊が報道。預金保険機構がモ デルといい、電力各社の財務負担懸念が広がった。関西電力(9503) も2.1%安の1724円。

中部飼料(2053):5.1%安の575円。11年3月期の連結営業利益 が従来予想の25億円を下回る前の期に比べ46%減の21億円だったも よう、と15日に発表。東日本大震災による工場被災で特別損失を計上、 トウモロコシなど原料価格高騰の悪影響も及ぶ。

カッパ・クリエイト(7421):4.1%安の1540円。不採算店舗の固 定資産減損損失を行うとし、11年2月期の連結純利益は13億円と、 従来計画の25億円から50%下振れたもようと15日に発表。前の期と の比較ではこれまでの17%増益が一転、41%減益になる。

東宝(9602):2.5%安の1122円。映画営業事業の好調が演劇、不 動産事業の低調を補い、11年2月期の連結営業利益は前期比17%増の 224億円だったが、12年2月期は映画事業を中心に減収を見込み、前 期比46%減の120億円と計画。東日本大震災の影響は、一部劇場が営 業を見合わせており、今期連結業績への影響額は営業利益で40億円程 度、先行きの不透明さを嫌気する売りが優勢だった。

七十七銀行(8341):7.2%安の374円。東日本大震災復興支援に 向けた金融機能強化法に基づく国の資本参加の検討を開始する、と午 後の取引時間中に発表。足元の事業環境、財務環境の厳しさを懸念す る売り圧力が高まった。

栄研化学(4549):8.2%高の1053円。みずほ証券は15日、新規 に投資判断を「アウトパフォーム」とし、目標株価は1300円に据えた。 世界保健機関(WHO)の下部組織FINDと共同開発している結核 の迅速検査キットについて、開発が順調に進展、将来的な業績寄与の 可能性を評価した。

JFEホールディングス(5411):1.8%安の2178円。11年3月 期の連結純利益が500億から600億円程度にとどまったもよう、と16 日付の日経新聞朝刊が報道。従来計画は700億円だったが、東日本大 震災で特別損失が100億円規模発生したという。

新日本製鉄(5401):1.6%安の248円。豪英系資源大手BHPビ リトンと、4月積みの原料用石炭(原料炭)の価格についてトン当た り330ドルで合意した、と16日付の日経新聞朝刊が報道。1-3月期 と比べ約47%高く、前年同期比でも65%高い過去最高水準になるとい い、製造コストの圧迫要因になるとみられた。

ジェイコムホールディングス(2462):10%高の21万円。5月末 の株主を対象に1株を200株に分割し、売買単位を100株に変更する と15日に発表。投資単位は実質2分の1になるため、株式流動性の向 上を見込む買いが優勢になった。

川島織物セルコン(3009):3.1%安の63円。11年3月期の連結 営業利益は従来予想の6億5000万円を46%下回る3億5000万円にな ったようだ、と15日に発表。身装・美術工芸、インテリアファブリッ ク事業で黒字を確保したが、自動車・列車・航空機内装材事業の赤字 が響く。自動車・列車・航空機内装材は、震災による自社生産設備へ の影響はなかったが、自動車メーカーの生産停止で売上高が急減した。

T&Dホールディングス(8795):3.9%安の1927円。11年1- 3月期に、減損処理による有価証券評価損137億円を計上すると15 日に発表。11年3月通期業績は現在集計中としたが、今後の下方修正 の可能性が懸念された。

ゴールドクレスト(8871):3.5%安の1450円。景気回復ペースの 遅さを考慮し、原価率の高い物件の販売を優先したため、11年3月期 の連結営業利益が従来予想の58億円を55%下回る26億円になったよ うだ、と15日に発表。前期比では9.5%の減益になる。

東天紅(8181):制限値幅いっぱいのストップ高となる50円(42%) 高の168円。11年2月期の営業損益が7300万円の黒字と、前の期の 2億7300万円の赤字から回復したと午後2時に発表。宴会部門で客数 が増え、コスト削減も寄与した。12年2月期予想は、東日本大震災の 影響で未定としたが、収益性の改善を好感する買いが膨らんだ。

水戸証券(8622):1.7%安の116円。11年3月期の営業損失が前 の期の6億3100万円から8億4500万円に赤字幅が拡大したもよう、 と15日に発表したことを受けた。

  スタートトゥデイ(3092):3.8%高の1162円。冬のセールが好調 だったため、11年3月期の連結営業利益は従来予想の52億円を12% 上回り、前期比81%増の59億円になったようだ、と15日に発表。足 元の好業績を評価する買いが優勢になった。

レカムホールディングス(3323):ストップ高となる500円(24%) 高の2555円。光通信(9435)と資本及び業務提携を行う、と15日に 発表。4月中に、光通信が同社株式の所有割合を4.9%まで高める。 商材やサービスの相互販売を強化していくとしており、連携効果を見 込む買いが優勢となった。

ゲンダイエージェンシー(2411):20%安の5万6900円。第4四 半期に顧客のパチンコホールで広告予算の削減、東日本大震災後の広 告自粛の動きがあったことで受注が伸び悩み、11年3月期の連結営業 利益は前期比29%減の17億円だった。12年3月期も前期比58%減の 7億円と連続減益を見込む。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE