コンテンツにスキップする

米財務長官:主要国は為替レートの柔軟性拡大を-中国名指しは避ける

ガイトナー米財務長官は経済的な混 乱を避けるために、世界の主要国が為替レートの柔軟性を拡大する必要 があるとの認識を明らかにした。

同長官はワシントンで開かれた国際通貨金融委員会(ⅠMFC) で、一部の新興市場国は資本規制などによって、「非常に管理された通 貨体制」を維持していると指摘。資本規制は市場志向の為替レートの国 々に圧力を掛け、通貨が過小評価されている国のインフレをあおってい ると主張した。

同長官は中国を名指ししなかったが、米国は中国に人民元の上昇を 容認させようとしている。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先:

麗英二 Eiji Toshi +81-3-3201-2421 etoshi@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE