コンテンツにスキップする

人民銀副総裁:中国のインフレは「引き続き制御」-元上昇も寄与へ

中国のインフレ率は「引き続き制 御」されており、当局は消費者物価指数(CPI)の通年の伸び率を 4%とする目標を達成するとの見通しを中国人民銀行(中央銀行)の 易綱副総裁が示した。

今年4-6月(第2四半期)に幾らかのインフレ圧力はあるかも しれないが、人民銀は政策金利も預金準備率も引き上げてきたほか、 1-3月(第1四半期)のマネーサプライの伸びは鈍化したと副総裁 はワシントンで指摘。「あらゆる措置がインフレ圧力緩和をもたらす。 中国は穏健な金融政策を実施中だ」とも述べ、人民元の段階的な上昇 も物価上昇を抑えるのに役立つとの認識を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE