コンテンツにスキップする

NY外為(15日):ユーロ下落、債務危機懸念-NZドル上昇

ニューヨーク外国為替市場では、 ユーロがドルと円に対し下落。域内の債務危機の悪化懸念が強まった。 この日はギリシャ10年債と同年限のドイツ国債のスプレッド(利回 り格差)が過去最大の10ポイントに拡大した。

円は主要通貨すべてに対して上昇。中国の3月の消費者物価指数 (CPI)が2008年以来の高い伸びとなったことで、同国が成長抑 制策を講じるとの観測が広がり、成長関連資産への需要が後退した。 ニュージーランド(NZ)ドルは米ドルに対し3年ぶり高値に上昇。 イングリッシュ財務相が、インフレ加速が景気の妨げになることはな いと述べたことが手掛かり。

みずほコーポレート銀行国際為替部の荒井守参事役は、市場が欧 州周辺国の債務問題を注視しており、それがドルと円に対するユーロ の金利差に悪影響を与えているとの見方を示した。

ニューヨーク時間午後5分現在、ユーロは対ドルで前日比

0.4%安の1ユーロ=1.4430ドル(前日は1.4488ドル)。週間で は0.4%安となった。対円では0.8%下げて1ユーロ=119円 96銭(前日120円97銭)。ドルは対円で0.4%値下がりし、1ド ル=83円13銭(前日83円50銭)。

スウェーデン・クローナは対ドルで3日続伸。0.5%高の1ドル=

6.1848クローナ。スウェーデン中央銀行が20日の政策決定会合で政 策金利を0.25ポイント引き上げ、1.75%に設定するとの観測が背景 にある。クローナは対ユーロでは0.9%上げて1ユーロ=8.9243クロ ーナ。

NZドル

NZドルは対米ドルで0.7%上昇し、1NZドル=0.7995米ドル。 イングリッシュ財務相の発言に反応し一時0.8001米ドルと、08年4 月以来の高値を付けた。

イングリッシュ財務相はこの日、中国・海南省で開催されているボ アオ・アジア・フォーラムでブルームバーグテレビジョンのインタビュ ーに応じ、「景気が上向くにつれ、ある程度の圧力は出てくるだろう。 だがインフレに関してはかなり良い状態にある」と語った。

ギリシャ10年債と独10年債のスプレッドは1000ベーシスポイ ント(bp、1bp=0.01%)を突破し、1999年のユーロ導入以後 で最大となった。

クレジット・デフォルト・スワップ市場では、ギリシャ国債の保証 コストが上昇。CMAのデータによれば、CDSスプレッドは51bp 上昇し過去最高の1147bpとなった。これは、ギリシャが5年以内に デフォルト(債務不履行)に陥る確率が63%あることを示している。

「懸念の強まり」

スタンダードチャータード銀行の米州調査責任者、デービッド・ マン氏は「周辺国のデフォルトをめぐる懸念の強まりが、ユーロに再び 重しとなっている」と分析。「また1ユーロ=1.45ドルを上回る水準 を維持するのも非常に厳しい。この水準は心理的な節目となっている」 と加えた。

ユーロは12、13両日に1.4520ドルと、10年1月以来の高値を 付けた。年初来ではドルに対して7.8%、対円では10%値上がりして いる。

主要6通貨に対するドルの動きを示すインターコンチネンタル取 引所(ICE)のドル指数は0.2%上昇の74.833。週間では0.3%下 落となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE