コンテンツにスキップする

グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は下落。指標のハンセン指数は週間ベースで4週ぶ りの下げとなった。中国の1-3月(第1四半期)の国内総生産(G DP)と3月の消費者物価指数(CPI)が予想を上回る伸びとなっ たことを受け、引き締め懸念から中国の不動産株が売られた。一方、 資源株は値上がりした。

中国政府系の不動産開発会社、チャイナ・リソーシズランド(華 潤置地、1109 HK)は2%安。インフレ加速で当局が金融引き締め 強化に動くとの懸念が背景。14日に米格付け会社ムーディーズ・イ ンベスターズ・サービスが中国の不動産セクターの見通しを引き下げ たこともマイナス材料となった。広州最大の不動産会社、広州富力地 産(2777 HK)は1.4%下落。中国建設省傘下の中国海外発展(688 HK)は1.1%下げた。

一方、中国2位の電力会社傘下の大唐国際発電(991 HK)は

1.7%高。高成長で電力需要が拡大するとの期待を手掛かりに上げた。 華能国際電力(902 HK)は1.1%上昇した。

IGインベストメントのポートフォリオマネジャー、ベンジャミ ン・タム氏は「中国経済は高成長を維持しそうだ」と述べた上で、 「一段と力強い成長を背景に市場全体では楽観的な見方が続くだろう が、利上げへの懸念が幾分あるかもしれない。4-6月(第2四半期) も引き締め強化が続く可能性がある」と語った。

ハンセン指数は前日比5.93ポイント安の24008.07で終了。 一時は0.9%高まで上げた一方、0.5%安となる場面もあった。週間 ベースでは1.6%下落と、3月18日終了週以来の値下がり。ハンセ ン中国企業株(H株)指数は前日比0.4%高の13533.58で引けた。

【中国株式市況】

中国株式相場は上昇。上海総合指数は週間ベースで値上がりした。 インフレ加速で景気抑制策の強化懸念が強まったものの、業績改善見 通しを背景に銀行株や不動産株が買われた。

中国工商銀行(601398 CH)は5カ月ぶりの高値に上昇。不良 債権比率が低下しつつあるとの同行の発表に加え、国内銀行の利益増 大の「勢い」は続く公算が大きいとしたクレディ・スイス・グループ の予想が好感された。保利房地産集団(600048 CH)や中国建設 (601668 CH)などで構成される上海総合指数の不動産株指数は、 5業種の中で最大の上昇率。中国の1-3月(第1四半期)の住宅販 売額が前年同期比26%増加したことが手掛かり。

一方、中国最大の家庭用空調機メーカー、珠海格力電器 (000651 CH)を中心に消費関連株は下落。借り入れコスト上昇で 消費が打撃を受けるとの観測がマイナス材料。国内最大手の自動車メ ーカー、上海汽車集団(SAICモーター、600104 CH)も売られ た。

上海坤陽投資管理のファンドマネジャー、戴明氏は「インフレ が依然最大の懸念材料であり、年内は高水準にとどまりそうだ」と述 べる一方、「銀行セクターを中心に企業業績は伸びつつあるため、相 場の下げは限定的となろう」と語った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前日比7.89ポイント(0.3%)高の3050.53で 終了。週間では0.7%値上がりした。上海、深圳両証取のA株に連動 するCSI300指数は前日比0.2%高の3358.94。

【インド株式市況】

インド株式相場は7週間ぶりの大幅安。インフレ加速で利上げ圧 力が強まったほか、インフォシス・テクノロジーズの1-3月(第4 四半期)利益が予想に届かなかったことが売り材料。

ソフトウエア輸出でインド2位のインフォシスは2009年5月以 降で最大の値下がり。同社の1-3月利益は182億ルピーと、ブル ームバーグがまとめたアナリスト27人の予想平均(189億ルピー) を下回った。

インド商工省が15日発表した3月の卸売物価指数(WPI)は 前年同月比8.98%上昇。2月の上昇率は8.31%だった。ブルーム バーグ・ニュースがまとめたエコノミスト28人の調査中央値では同

8.36%上昇と見込まれていた。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種株価指数は前営業日比

310.04ポイント(1.6%)安の19386.82と、2月24日以降で最 大の下げ。前週末比では0.3%安と、4週間ぶりのマイナスとなった。

インフォシス(INFO IN)は9.6%安の2989.50ルピー。ソフ トウエア輸出3位のウィプロ(WPRO IN)は4.8%安の449.80ル ピー、同最大手のタタ・コンサルタンシー・サービシズ(TCS IN) は1.6%下げ1191.40ルピーで引けた。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比32.1ポイント(0.7%)安の4852.1。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比0.56ポイント安の2140.50。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比84.61ポイント(1%)安の8718.12。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比5.62ポイント(0.2%)安の3153.30。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前日比3.86ポイ ント(0.3%)安の1521.94。

【タイ株式市況】

15日のタイ株式市場はソンクラーン(旧正月)の祝日のため休 場。取引は18日に再開される。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比22.53ポイント(0.6%)高の

3730.51。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比16.68ポイント(0.4%)高の

4251.64。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE