東日本大震災の被災地の映像が全 世界に流れる中、韓国人のイムギョン・クさんは被災者の静かさに驚 く。

避難所の映像でも泣いたり悲観をあらわにするところは見られな いと、26歳の語学講師のクさんは言う。「どんな状況になろうと、深 く根付いた他者への気遣いがある。韓国なら人々は大声で泣き喚いて いるだろう」と東京の自宅からの電話で語った。

日本に来て5年のクさんは、11日の東北地方太平洋沖地震発生時 にテレビをつけ、オフィスが揺れている映像を見て動揺したという。 隣人たちの落ち着きと、家の中にいるようにというアドバイスが慰め になったと彼女は述べた。

外国政府は日本の状況に懸念を深め、米国などが自国民に出国を 促した。東京に住むフランス人音楽家のデービー・バーギアさん(38) は「フランス人は皆、日本を出たが、彼らは日本の素晴らしさを知る 機会を失った」として、「道ですれ違う見知らぬ人の視線も今まで以上 に友好的で、助けの手を差し伸べようという気持ちがうかがわれる」 と話した。

地震が発生したとき、バーギアさんは山手線に乗っていた。何人 かが驚きの声を上げたほかは皆静かで、数分後に車掌の指示に従って 外に出たという。日本に3年住んでいるバーギアさんは「周りの人が 皆、落ち着いて整然と行動していると、自分だけがパニックになるの は難しい。フランスだったら大混乱になっているところだ」と語った。

真っすぐな列

東京に住む米国人、アダム・ドナヒューさん(33)は、ペットボ トル入りの水が売り切れそうになったとき、前の買い物客が全部を買 わずに1本残してくれたのがありがたかったと振り返った。

地震後の数日間に略奪などの事件はなかったと警察庁が明らかに している。スーパーマーケットでも駅でも現金自動預払機(ATM) でも人々は並ぶ。米国人のアバサ・フィリップスさん(35)は「日本 人が並ぶのはいつものことだが、地震後はその列がさらに真っすぐに なったのには驚かされる」と話した。