中国アルミ:10年通期の純利益、市場予想下回る-燃料上昇が重し

アルミニウム生産で中国最大手、 中国アルミ(チャルコ)の2010年決算は、純利益がアナリスト予想 を下回った。アルミ高の中、大幅増収となったものの、燃料価格の上 昇が響いた。

同社が上海証券取引所に提出した資料によれば、10年通期の純 利益は7億7800万元(約97億円)。ブルームバーグがまとめたアナ リスト13人の予想は9億6030万元だった。09年は46億元の純損 失となっていた。売上高は前年比73%増の1210億元。

アルミニウム先物価格は2月28日、ロンドン金属取引所(LM E)で08年9月以来の高値を付けた。過去6カ月間では26%の値 上がり。ただ相場上昇という業績へのプラス要因は、燃料コスト高に より一部相殺された。

ブルームバーグがまとめたデータによると、中国での価格指標と なる秦皇島の発電用石炭は、過去1年間で最大34%値上がりした。 アルミニウムの生産コストの4割は電力が占める。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE