NY金先物:上昇、月間で5.7%高-中東・北アフリカの政情不安で

ニューヨーク金先物相場は上昇。 月間の値動きとしては昨年4月以降で最も堅調な月となった。インフ レ加速と北アフリカ、中東の政情不安で代替資産としての金買いが活 発になったのが背景にある。

米政府はリビアのカダフィ体制の崩壊を後押しするため、反政府 勢力を支援する意向を示した。民主化を求める反政府運動の波は中東 一帯に広がり、オマーンにも波及、起点のチュニジアでも再び騒乱が 起きている。1月のユーロ圏消費者物価指数は前年同月比2.3%上昇 と、昨年12月の2.2%を上回った。

VTBキャピタル(ロンドン)のアナリスト、アンドレイ・クリ ュチェンコフ氏は、「インフレ期待が抑制されているのは確かだ」と 指摘。「金が持続的に上昇し、昨年12月に記録した過去最高値を上 抜けるには、地政学的な緊張がエスカレートするといった要因が必要 になる」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 4月限は前日比60セント高の1オンス=1409.90ドル。月間では

5.7%上昇。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE