セントルイス連銀総裁:原油高、現時点で米成長脅かすほどではない

米セントルイス連銀のブラード 総裁は28日、石油価格が米国の経済成長を脅かす懸念となり得る のは「大きく上昇した」場合のみだとの見解を示した。

同総裁は米経済専門局CNBCとのインタビューで、原油高は 脅威になるほどには「まだ長期化していない。この衝撃が本当に持 続するかどうかを見極める必要がある」と述べた。「さらに、現時点 では景気に影響を与えるのに十分なほど大幅な上昇だとは見受けら れない」と続けた。

石油価格が「2、3週間以内に下落すれば、脅威は去るだろう」 とも述べた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net

Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先: Scott Hamilton in London at +44-20-7673-2976 or shamilton8@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Eddie Buckle at +44-20-7330-7329 or ebuckle@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE