NY原油時間外:続伸、99ドル台-オマーン情勢で供給懸念強まる

ニューヨーク原油先物相場は時間 外取引で続伸。リビアの供給停滞をもたらした混乱がオマーンにも波 及したことを背景に、中東からの供給がさらに滞るとの懸念が広がっ た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物4月限は一時、 前週末比2.08ドル(2.1%)高の1バレル=99.96ドルを付けた。シ ンガポール時間午後4時18分(日本時間同5時18分)現在は99.15 ドル。前週末25日は60セント(0.6%)高の97.88ドルで終了。先週 は14%高と、2009年2月27日終了週以降で最大の値上げを記録した。

ロンドンの先物取引所ICEフューチャーズ・ヨーロッパの北海 ブレント4月限は一時、2.36ドル(2.1%)高の1バレル=114.50ド ルまで上げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE