R&I:政局混迷で日本のソブリン信用力に一段と下押し圧力

格付投資情報センター(R&I) は28日、「政局混迷で日本のソブリン信用力に一段と下押し圧力」と題 するリポートを発表した。

R&Iは「日本は政府債務の負担という面でAAAの維持がそろそ ろ限界に来ていると判断している」と指摘。「重要な制度改革が先延ば しされ、拡張的な財政スタンスに傾く可能性も出ている。その場合は、 格下げが避けられなくなろう」との立場を示した。

その上で、「日本の『経済のファンダメンタルズ』はなお強固であ り、日本ソブリンに下押し圧力をかけているのは、主として『財政状 態』と『政策運営力』だ」との見解を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE