JPモルガン、自己勘定取引部門責任者にスチュワート氏起用-関係者

米銀JPモルガン・チェースは、 金融規制改革法を受けて投資銀行から切り離す自己勘定取引部門の責 任者に、マイク・スチュワート氏を起用した。事情に詳しい関係者1 人が明らかにした。

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が関係者1人の話として、 これより先に報じたところでは、JPモルガンは同部門に最大20億 ドル(約1630億円)を投じる可能性がある。計画は最終的なもので なく、新たなチームとして主に新興国・地域とクレジット市場、株式 に投資する中核ファンドを始める公算もあるという。

FTによれば、JPモルガンのグローバル新興市場事業部門の共 同責任者であるスチュワート氏が自己勘定部門全体を統括。また、ク レジット自己勘定取引部門のマネジングディレクター、ファハド・ロ ウマニ氏がクレジット部門を、グローバル株式自己勘定取引部門の責 任者、ディーパック・グラチ氏が株式部門をそれぞれ率いるという。

JPモルガンの広報担当ジェニファー・ザッカレーリ氏は、コメ ントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE