インド:10-12月GDPは前年同期比8.2%増-市場予想は下回る(1)

インドの経済成長率は昨年10- 12月(第4四半期)に4四半期連続で8%を上回った。国民の抗議活 動を引き起こし、シン政権を脅かしているインフレ圧力はさらに強ま っている。

インド中央統計機構が28日発表した第4四半期の国内総生産(G DP)は前年同期比8.2%増。ブルームバーグがまとめたエコノミス ト29人の予想中央値では、8.6%増と見込まれていた。7-9月(第 3四半期)は8.9%増だった。

野村ホールディングスのエコノミスト、ソナル・バルマ氏(ムン バイ在勤)は発表前、「インドでは物価圧力が強まっている」と指摘。 「政府は懸念しており、貧困層の保護を狙った財政措置を発表するだ ろう」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE