台湾当局:鴻海精密や奇美電子などの対中投資計画を承認

台湾の鴻海精密工業は、5000万ド ル(約41億円)を投じて中国本土に計算機と部品製造の新会社を設立 することで当局の認可を取得した。台湾経済部(経済産業省に相当) の投資審議委員会(投審会)が25日、ウェブサイトで発表した。

投審会はまた、台湾石化(フォルモサ・プラスチックス)やアド バンスト・セミコンダクター・エンジニアリング(日月光)、奇美電子 の対中投資計画も承認した。投資規模は台湾石化が5750万ドル、日月 光は6000万ドル、奇美電子は6500万ドルとなっている。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 重松 典子 Noriko Shigematsu +81-3-3201-3986 nshigematsu@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関する記者への問い合わせ先: Adela Lin in Taipei at +886-2-7719-1536 or alin95@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Bloomberg News at +86-21-6104-3037 or gturk2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE