住友林株が急伸、相続税対策による恩恵期待-ドイツ証は格上げ

新築注文住宅などを手がける住友 林業の株価が一時、前週末比7.7%高の780円と急伸。税制改正法案が 今国会を通過して相続税の基礎控除が引き下げられると、同社が相続税 対策で恩恵を受けやすいとの指摘が出ている。ドイツ証券は25日付で、 投資判断を「ホールド」から「買い」に引き上げた。

ドイツ証の大谷洋司アナリストはリポートで、「法案が可決されれ ば相続税を支払う対象者が格段に増加する」と指摘。その対策として親 世代が戸建てを建設し、子世代と同居するという簡単で有効な方法があ るとの見方を示した。

そのうえで、相続税対策が最も必要になるとみられる東京都で、同 社が持家着工戸数でトップクラスということを評価している。新たな目 標株価は940円(従来810円)。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE