ドラギ氏:ECBは利上げ時期を慎重に検討する必要、インフレ圧力で

欧州中央銀行(ECB)政策委員 会メンバー、ドラギ・イタリア中銀総裁は、インフレ圧力の高まりを受 け政策当局者らは将来の利上げのタイミングを一段と慎重に検討する必 要があるとの見解を明らかにした。

ドラギ総裁は26日、イタリアのベローナでの講演で、「インフレ 圧力が見られることから、われわれは通常の金融条件と金利を復活させ るタイミングと手法を精査しなければならない」と発言。「国際的な物 価の刺激が長期的に国内の物価や賃金に転嫁されることがないよう、金 融政策は期待の悪化を阻止する必要がある」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE