米がリビア制裁発動、カダフィ大佐の資産凍結命じる-大使館閉鎖

オバマ米大統領は25日、リビアの 最高指導者カダフィ大佐と一族、政権メンバーの米国内の資産凍結を 命じる大統領令に署名した。米政権は、今回の資産凍結がリビア政府 に対する制裁で最初の措置になると指摘した。

外交官や他の米国人がリビアから退避したことを受け、オバマ政 権はトリポリの米国大使館を一時閉鎖した。また、軍事行動を含め、 いかなる選択肢も排除していないと表明した。

大統領令は、カダフィ大佐らが「非武装の市民に武器や傭兵、理 不尽な暴力を行使することで、リビアの国民に対し極端な措置を講じ ている」と批判した。

また大統領は別の声明文で、「人権侵害や国民への残虐行為、常軌 を逸した脅迫を続けている」としてリビア政府を非難し、同政権には 説明責任があると強調した。

カーニー大統領報道官は、米政府はカダフィ大佐に対する追加的 な制裁で国連と協力すると指摘。今回の資産凍結は「最初の措置」だ とし、「今後の選択肢の検討を進める」と述べた。

一方、フランスと英国は25日の国連安全保障理事会で、武器禁輸 などを盛り込んだリビア制裁決議案を提出した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE