香港株(終了):5日ぶり上昇、航空株に買い-好決算のAIAも高い

香港株式相場は5営業日ぶり に上昇。原油相場が1バレル当たり100ドル以下に下げたことで、 航空株が買われた。予想を上回る好決算を発表したAIAグループ も高くなった。

香港の航空最大手、キャセイ航空(293 HK)は3.6%高。時 価総額でアジア3位の保険会社、AIAグループ(1299 HK)は

5.7%上昇した。欧州最大の銀行、英HSBCホールディングス(5 HK)や携帯電話サービスのチャイナ・モバイル(中国移動、941 HK) も高い。

不動産開発会社のサンフンカイ・プロパティーズ(新鴻基地産 発展、16 HK)は2.4%上昇。同社とグオコ・グループ(国浩集 団)が上海の外灘地区の開発に携わるファンドに投資する可能性が あるとロイター通信が報じたことが手掛かり。

海通国際資産管理のファンドマネジャー、クリス・レオン氏(香 港在勤)は「原油をめぐる懸念が後退する中で相場は反発した」と 指摘。「私はアジア株のエクスポージャーを短期的に拡大する考え だ。最近の株価下落を受け、バリュエーション(株価評価)に魅力 を感じる」と語った。

ハンセン指数は前日比411.33ポイント(1.8%)高の

23012.37で終了。前日までの4日間で4.2%下げていたが、25 日の上昇で週間下落率は2.5%に縮小した。ハンセン中国企業株 (H株)指数は前日比1.8%高の12270.43。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE