中国株(終了):上海総合指数、週間で5週ぶり下落-航空株に売り

中国株式市場では、上海総合指数 がほぼ横ばい。週間ベースでは5週間ぶりの値下がりとなった。原油 相場の上昇で、中国の製油大手や航空各社の利益見通しが圧迫される との懸念が広がった。

原油相場が24日に2年5カ月ぶりの高値を付ける中、中国最大の 製油会社、中国石油化工(SINOPEC、600028 CH)は5週間ぶり の安値に下落。航空最大手の中国南方航空(600029 CH)は1%、中国 東方航空(600115 CH)は0.9%それぞれ下げた。

一方、時価総額で世界最大の銀行、中国工商銀行(601398CH)が 銀行株の上昇をけん引。シティグループは、銀行株を含む大型株に買 い妙味があると指摘した。中国最大の銅生産会社、江西銅業 (600362 CH)は2.1%上昇。

長江証券のチーフストラテジスト、デン・アリョン氏(上海在勤) は「海外の政情不安がインフレ懸念を再燃させ、相場を押し下げた」 と指摘。「こうした不安定な市場では、投資家は素早く守りの姿勢に入 りやすい」と語った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前日比0.04ポイント安の2878.57で終了。指数を構 成する930銘柄のうち下落は448銘柄、上昇は420銘柄、変わらずは 62銘柄。週間では0.7%下げ、5週間ぶりの下落となった。

上海、深セン両証取のA株に連動するCSI300指数は前日比

0.2%高の3197.62。

--Irene Shen. Editor: Allen Wan, Richard Frost

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Irene Shen in Shanghai at +86-21-6104-3049 or ishen4@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE