ロシア中銀:予想外の利上げ、08年来-預金準備率も引き上げ

ロシア中央銀行は25日、主要 政策金利であるリファイナンス金利の0.25ポイント引き上げを発表 した。利上げは市場の予想外で、2008年12月以来。インフレ抑制 に向け預金準備率も2カ月連続で引き上げた。

同中銀がウェブサイトに掲載した声明によれば、リファイナン ス金利は過去最低水準から引き上げられ8%となった。翌日物預金 金利も3%に引き上げられた。ブルームバーグがエコノミスト18人 を対象まとめた調査の中央値では、リファイナンス金利は据え置き、 預金金利引き上げと見込まれていた。

ロシア中銀はまた、法定預金準備率について、非居住企業向け は4.5%(従来3.5%)、それ以外は3.5%(同3%)に引き上げた。 声明は、「今回の決定は高水準のインフレ期待によるものであり、 原油高を背景にしたロシアへの資本流入を促す環境が現れつつある ことを考慮したものだ」としている。

-- Editors: Balazs Penz, Paul Abelsky

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 笠原文彦  Fumihiko Kasahara  +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Scott Rose in London at +44-20-7392-0512 or rrose10@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Balazs Penz at +36-1-475-1191 or bpenz@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE