インド:来年度成長率9.25%、金融・財政引き締め必要-財務省

インド財務省は、来年度(2011 年4月-12年3月)の同国成長率が最大9.25%になるとの見通し を示した。インフレ抑制に向け金融・財政政策の引き締めが必要と なるという。

ムカジー財務相の顧問がまとめた年次経済調査は、「景気は来年 度、危機前の成長水準に戻る」と予想、「主要な懸念は明らかにイン フレだ」と続けた。同相は28日に来年度予算案を発表する。

財務省は、今年度に「不快なほどの高水準」に達したインフレ を抑制するため、利上げと共に財政赤字を縮小する必要があると指 摘した。

国際通貨基金(IMF)によれば、インドの財政赤字水準は、 ブラジルとロシア、中国を含めたいわゆるBRICs4カ国の中で 最悪。財務省は「財政赤字削減は成長を支えるための資金を調達し やすくし、金融政策引き締めによりインフレ抑制効果の波及が始ま る」としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE