中国株(午前):3日続伸、銀行株が高い-インフレ緩和観測で

25日午前の中国株式相場は3日続 伸。インフレが緩和し、追加引き締め措置の必要性が後退する可能性 があるとの観測が広がった。

時価総額で世界最大の銀行、中国工商銀行(601398 CH)が銀行株 の上昇をけん引。シティグループは、インフレ期待が落ち着く中で一 段と「魅力」が増しつつあると指摘した。中国最大の銅生産会社、 江西銅業(600362 CH)は1週間ぶりの大幅高。銅相場の上昇に加え、 軽減税率が適用されることになったと発表したことが好感された。

ブラックロックの投資戦略責任者(サンフランシスコ在勤)、ラ ス・ケステリッヒ氏はブルームバーグテレビジョンのインタビューで、 「年後半に入るにつれ、中国やブラジル、その他多くの新興国・地域 で現在見られる短期の循環的なインフレはいくらか緩和し始めるだろ う」と語った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は現地時間午前11時半(日本時間午後零時半)現在、 前日比7ポイント(0.2%)高の2885.60。一時は1%安まで値下がり した。今週の同指数は不動産株を中心に0.5%下げており、このまま いくと週間ベースでは5週ぶりの下落となる。

上海、深セン両証取のA株に連動するCSI300指数は前日比

0.5%高の3205.73。

--Irene Shen. Editors: Allen Wan

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Irene Shen in Shanghai at +86-21-6104-3049 or ishen4@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE