篠原IMF副専務理事:新興市場国の過熱は資本流入が一因

国際通貨基金(IMF)の篠原尚之 副専務理事は、新興市場国はインフレ圧力に直面しており、資本流入を 一因とした景気過熱の兆しが見られると指摘した。25日にスリランカの コロンボで語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 渡辺漢太 Kanta Watanabe +81-3-3201-7113 kwatanabe22@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE