エルピーダ:台湾のDRAMメーカーの買収計画を断念-坂本社長

エルピーダメモリの坂本幸雄社長 は25日、台北でのインタビューで、台湾のDRAMメーカーとの合併計 画を断念したことを明らかにした。合併目標とした企業の反対が理由だ という。同社長は台湾のプロモス(茂得科技)の株式取得を依然として 検討していると述べたが、詳細には言及しなかった。同社長はまた、台 湾企業と協力して中国市場への参入を計画していると語ったが、具体的 な企業名や予定には論評しなかった。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先:

麗英二 Eiji Toshi +81-3-3201-2421 etoshi@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE