NY原油時間外:週間で2年ぶりの大幅上昇か-リビアや米経済指標で

ニューヨーク原油先物相場は25 日の時間外取引で上昇。週間ベースでは2年ぶりの大幅上昇になりそう だ。リビア情勢緊迫化で供給が減少しているほか、米経済指標改善で燃 料需要が増加するとの期待が強まった。リビアはアフリカ3位の産油 国。

原油先物相場は一時、0.5%上昇した。米政府が発表した先週の原 油在庫は増加幅が予想より小さかったほか、失業保険の新規申請件数が 減少した。前日の通常取引では日中取引で2年5カ月ぶりの高値を付け た。情勢緊迫化でリビアの産油量が最大3分の2減少するとの見通しが 出たことが材料となった。その後、米国、サウジアラビア、国際エネル ギー機関(IEA)が、産油量が減少しても対応できると保証したこと で上げ分を削った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物4月限はシドニ ー時間午前11時45分(日本時間同9時45分)現在、14セント (0.1%)高の1バレル=97.42ドルで推移している。前日の通常取引 は82セント安の97.28ドルで引けた。一時は103.41ドルまで上昇 した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE