IEA:緊急備蓄放出の用意-北アフリカ危機で石油供給が1%減少

国際エネルギー機関(IEA)は 24日、必要に応じて石油の緊急備蓄を放出する用意があるとの立場を 示した。北アフリカの危機で世界の供給量が1%減少したとしている。

IEAはこの日の理事会会合後、中東危機を受け世界の石油供給 が日量50万-75万バレル減少したと資料で発表。加盟国には合わせ て16億バレル(輸入量の145日分に相当)の緊急備蓄があると説明 し、「必要になれば、IEAとして対応メカニズムを直ちに発動する用 意が常にできている」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE