日本株4日ぶり反発、原油反落や円高一服で自動車、ガラス見直し

東京株式相場は4日ぶりに反発。 海外原油相場の反落や為替の円高一服を受け、直近で売っていた向き の買い戻しが優勢となった。アナリストの高評価も重なった自動車を 中心に輸出関連株が上昇、ガラス・土石製品や保険など直近で下げが 目立った業種も見直された。

TOPIXの終値は前日比7.71ポイント(0.8%)高の941.93、 日経平均株価は74円5銭(0.7%)高の1万526円76銭。

ニッセイアセットマネジメントの西崎純チーフ・ポートフォリ オ・マネジャーは、「中東情勢の混乱はすぐに収まらないだろうが、サ ウジアラビアなど主要産油国まで波及する状況には思えない」と指摘。 そうであれば、「バレル当たり100ドルを超えて、さらに原油が上がっ ていくことはない」との認識を示した。

リビア情勢の緊迫化を背景に、24日のニューヨーク原油先物4月 限は前日比0.8%安の97.28ドルと反落した。一時は1バレル=103.41 ドルと2008年9月29日以来の高値を付けたが、米国やサウジ、国際 エネルギー機関(IEA)がリビアからの供給が絶たれても原油を補 うことができるとの見方を示し、上昇の勢いは続かなかった。

野村証券金融経済研究所の若生寿一シニアストラテジストによる と、「08年前半に需要の強さから上昇したケースと違い、今回の原油 高は供給に対する懸念。このため、サウジが増産するなら供給懸念は 収まっていくだろう」という。

騰落レシオ3カ月ぶり100%割れ

原油価格が小康状態となる中、TOPIXはきのうまでの3日続 落で4.1%下げ、投資家の短期的な採算ラインである25日移動平均線 を割り込んでいた。一方、急激な調整により、昨年12月に163%まで あった東証1部の騰落レシオ(25日移動平均)は93%まで低下し、約 3カ月ぶりの100%割れ。「ここ数日間で株価に下げ過ぎ感が出ている」 と、大和投資信託の長野吉納シニアストラテジストは指摘していた。

きょうはガラス・土石が東証1部の値上がり率首位となり、輸送 用機器、保険、化学など前日までの3日続落中に下落率上位だった業 種が高くなった。上げを主導した自動車株については、為替市場で円 が対ドルで82円台と、きのうの海外時間の81円63銭に比べ円高傾向 が一服したことや、トヨタ自動車や日産自動車、ホンダなど主要銘柄 にアナリストからの高評価が相次いだこともプラスとなった。

SMBCフレンド証券投資情報部の松野利彦シニアストラテジス トは、「リビアの現政権の形勢が危うくなってきた。仮に最高指導者カ ダフィ大佐の逃亡や亡命という事態になれば、一気に株価が戻る可能 性があり、週末を控えて売り方はいったん利益確定で買い戻したいと ころ」と話していた。

東証1部の売買高は概算で21億4364万株、売買代金は同1兆 5719億円。値上がり銘柄数は1178、値下がりは356。

トヨタ反発、CSKはストップ安

個別銘柄では、トヨタ自動車が東証1部の売買代金1位で、4日 ぶりに反発。クレディ・スイス証券では今・来期業績予想を増額、投 資判断を「アウトパフォーム」へ引き上げた。中国での出店加速で新 しい成長ステージの到来を評価するとし、いちよし経済研究所が新規 に投資判断を「A(買い)」としたハニーズ、12年11月期の営業最高 益更新を予想し、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が目標株価を 540円に引き上げた不二越も高い。

半面、住友商事と住商情報システムによる株式公開買い付け(T OB)価格が24日終値より48%低い水準で設定されたCSKは値幅 制限いっぱいのストップ安となった。株価上昇で目標株価とのかい離 が小さいとし、野村証券が格下げした新日鉄ソリューションズは3日 続落。現在の株価から上昇余地は限定的などとして、JPモルガン証 券が格下げた大正製薬は続落した。

国内新興市場も反発

国内新興市場も4日ぶりに反発し、ジャスダック指数の終値は前 日比0.2%高の54.23、東証マザーズ指数は2.2%高の486.89。画像映 像を空中に浮かび上がらせる空中ディスプレー事業を開始する、と前 日発表したアスカネットがストップ高。SBIホールディングスが株 式交換で完全子会社化するSBIベリトランスも急伸した。売買代金 上位では、日本通信、ブイ・テクノロジーが上げ、セブン銀行、UB ICが下げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE