トヨタ車の急加速めぐる訴訟、3月に審理の予定-原告側弁護団

(2段落目以降に原告側の主張を追加して更新します)

【記者:Edvard Pettersson】

2月24日(ブルームバーグ):車両の急加速をめぐってトヨタ自動 車を訴えているカリフォルニア州の統合訴訟の原告側弁護団は、関連訴 訟の審理が3月にニューヨーク州セントラルイズリップの連邦地裁で予 定されていることをトヨタが開示しなかったと指摘した。

同弁護団は、カリフォルニア州サンタアナの連邦地裁に23日提出 した届出書で、現在の統合訴訟のおける「これら訴えの調整の根拠とな る政策目標を大きく損なうものだ」とし、「トヨタはニューヨークの訴 訟を統合訴訟と調整しようとは決してしなかった」と指摘した。

トヨタの統合訴訟を担当している米連邦地裁のジェームズ・セルナ 判事は、この問題に関して25日に公聴会を開く。原告側弁護団は、統 合訴訟に加わっていない連邦地裁の関連訴訟についてもトヨタに開示を 命じるよう求めている。

米国トヨタ自動車販売の広報担当セレステ・ミグリオーレ氏とニュ ーヨークの訴訟を担当するトヨタ側弁護士ロバート・スキュマシ氏に 24日、取材を申し込む電話をかけたが、今のところ返答はない。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 山口裕子 Yuko Yamaguchi +81-3-3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe、 Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Edvard Pettersson in Los Angeles at +1-213-617-0582 or epettersson@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Stephen Farr at +1-302-661-7610 or sfarr@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE