世界のレアアース採掘会社、米モリコープにプロジェクトへの出資要請

中国国外では世界最大規模のレア アース(希土類)鉱床を保有する米モリコープは、競合する鉱山各社が プロジェクトに出資するよう同社に申し出ていることを明らかにした。 レアアース価格の高騰が背景にある。

モリコープのロス・バップ会長は「概してプロジェクト1件か数件 だけの小規模な企業だ」と述べた。

バップ会長は23日、スペインのセビリアからの電話インタビュー で、これらの企業について「アフリカやオーストラリア、カナダ、米 国、南米など世界各地」を拠点とすると述べ「当社が実際に重点を置い ているのは、買収ではなく現在保有している資産の評価の向上や拡張 だ」との方針を示した。

モリコープは、昨年12月に操業を再開したカリフォルニア州マウ ンテンパス鉱山の生産能力を2013年末か14年初めまでに年間4万ト ンに増強することを計画している。中国がレアアース輸出枠を70%以 上削減すると発表した7月以降、レアアース価格は高騰している。レア アースは再生可能エネルギー関連機器や磁石、電気自動車、兵器などの 製造に利用される。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE