リビアの原油生産、「ゼロに近い状況」-JPモルガンのアナリスト

リビアの最高指導者、カダフィ 大佐が反政府派を弾圧する中、同国の原油生産は「止まりつつある」 と、JPモルガン・チェースのアナリストらが指摘した。リビアから イタリアへの天然ガス供給の減少を目安に分析した。

ローレンス・イーグルス氏率いるアナリストらは、顧客向けリポ ートで「リビアでの生産が今後長期にわたり低迷するという受け止め 方が広がっている」と説明。「天然ガスの供給減少は、リビアで生産 が困難な状況にあることを表しているといえよう。石油生産がゼロに 近い状況と見なしても差し支えない」と指摘した。

北海ブレント先物4月限は、ロンドンのICEフューチャーズ・ ヨーロッパでニューヨーク時間午前10時23分(日本時間25日午後 零時23分)現在、前日比2.22ドル(2%)高の1バレル=113.47 ドル。

-- Editors: Richard Stubbe, David Marin

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Paul Burkhardt in New York at +1-212-617-7858 or pburkhardt@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Dan Stets at +1-212-617-4403 or dstets@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE