バークレイズ・キャピタル、昨年の為替取引が50%増加-世界一目指す

英銀バークレイズの投資銀行部 門、バークレイズ・キャピタルでは、昨年手掛けた為替取引の額が前 年から50%増えた。スワップやオプション取引が寄与した。同行は 外国為替市場で最大のディーラーとなることを目指している。

バークレイズ・キャピタルの外国為替責任者、マイケル・バガリ ー氏は電子メールで質問に答え、「すべてのデータは当行が2010年 に大きく成長したことを示している」とし、「市場平均並みを上回る 伸びを維持している。外国為替取引で世界一の銀行になると自信を持 っている」と言明した。時期的なめどには言及しなかった。

ユーロマネー・インスティチューショナル・インベスターが昨年 5月に公表した調査結果によると、バークレイズは外為取引の市場シ ェア11.08%で3位だった。1位はドイツ銀の18.06%、2位はU BSの11.30%。シティグループが4位だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE