ベルギー中銀のクアデン総裁、3月末に退任-政局混乱で昨年から延期

ベルギー国立銀行(中央銀行) のクアデン総裁は3月31日付で退任する。ベルギーの連立政権樹 立に向けた交渉の長期化で、同総裁は退任時期を先延ばししていた。

クアデン総裁は23日にリエージュで、「65歳になる2010年 8月5日に退任する意向だった」と発言し、「それ以来、何カ月も 経過した。今の私には、政府が中銀の今後に向けて安定した委員会 を望みそれを準備できることが、極めて望ましく思われる」と説明 した。ベルギー中銀が24日に発言内容を公表した。

クアデン総裁は2009年2月に3期目を引き受けた際、「任期 末まで全うすることを望まない」と政府に伝えていた。同総裁は 1999 年3月1日に就任した。

ベルギー紙タイトによれば、クーン副総裁が次期総裁に昇格す ることで基本的な合意ができている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE