中国の通貨供給量の伸び、下期に鈍化も-中国証券報

中国の通貨供給量の伸びが下期に鈍 化する可能性がある。中国証券報が論説記事で報じたもので、中国人民 銀行(中央銀行)手形の償還が少ないことが背景にある。通貨供給量M 2の目標は今年4-6月(第2四半期)終了後に達成される見通しであ り、現在の金融引き締めサイクルは「半ば終わった」と論説は指摘して いる。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 内田良治 Ryoji Uchida +81-3-3201-3396 ruchida2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE