NZ首相:クライストチャーチ復興の遅れ、景気回復を阻害も

ニュージーランド(NZ)のキー 首相は24日、クライストチャーチで今週起きたマグニチュード(M)

6.3の地震によって同市の復興計画が遅れる見通しであり、このため NZの景気回復が阻害される公算が大きいとの見解を示した。

キー首相はテレビ・ニュージーランドの番組で、「クライストチャ ーチは今年、NZ経済の刺激剤になると考えていた」とした上で、「一 部に遅れが出ているのが現状だ」と述べた。

政府は、昨年9月にM7の地震に見舞われたクライストチャーチ の復興需要が後押しする形で、今年の国内総生産(GDP)が約3% 増加すると見込んでいた。しかし、NZの景気は2010年7-12月(下 期)にほぼ失速状態となり、今年初めの景気ももたつく恐れがあると キー首相は語った。

首相はその一方で、政府のバランスシートが今回の地震で被るコ ストによって「打撃を受ける可能性がある」としながらも、政府の地 震委員会には約70億NZドル(約4300億円)相当の準備があると説 明。NZのソブリン債格付けも安全だと付け加えた。

米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは23日、 NZの「Aaa」格付けを直ちに見直す理由はないと発表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE