NY銅先物:下落、7.15セント安の1ポンド=4.2915ドル

23日のニューヨーク銅先物相場は4 週間ぶりの安値に下落。北アフリカ・中東地域での政情不安に伴う石油 価格の大幅上昇で各国の景気回復が損なわれるとの観測が材料。

コメルツ銀行(フランクフルト)のアナリスト、ダニエル・ブリー ゼマン氏は「北アフリカと中東で依然政情不安が続いており、不透明感 を引き起こしている」と指摘、「それが市場参加者のセンチメントを圧 迫しており、世界の大部分の株式市場の下落に反映されている」と述べ た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 5月限の終値は前営業日比7.15セント(1.6%)安の1ポンド=4.2915 ドル。一時4.265ドルと、1月26日以来の安値を付けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE