1月米中古住宅販売:前月比2.7%増、価格は02年来の最低

1月の米中古住宅販売は、前 月比で増加。8カ月ぶりの高水準を記録した。投資家が低価格に注 目し、差し押さえ物件などへの需要が拡大した。

全米不動産業者協会(NAR)が発表した1月の中古住宅販売 件数(季節調整済み、年換算以下同じ)は前月比2.7%増の536万 戸となった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調 査の予想中央値は522万戸だった。前月は522万戸(速報値528 万戸)に修正された。

中古住宅価格(中央値)は、ほぼ9年ぶりの低水準。中古販売物件 に占める差し押さえおよびその他ローンが焦げ付いた住宅の割合は1 年ぶりの高水準だった。中古住宅価格中央値は前年同月比3.7%低下の 15万8800ドル。2002年4月以来の最低だった。

前年同月比では1月の中古住宅販売は5.3%増だった。1月の中古 住宅在庫は前月比5.1%減少して338万戸。これにより、販売に対す る在庫比率は7.6カ月と前月の8.2カ月から縮小した。NARによる と、在庫比率が8-9カ月であれば安定した住宅価格が維持される。

地域別では4地域のうち3地域で住宅販売が増加した。特に西 部では7.9%増、一方、北東部では4.6%減少した。

ックしてご覧ください。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE