米トール・ブラザーズ:11-1月は黒字確保-販売増と評価損の縮小で

高級住宅建設業で米最大手、ト ール・ブラザーズの2010年11-11年1月(第1四半期)決算は、 売上高の増加や保有資産の評価損縮小が寄与し、純損益が黒字となっ た。

23日の同社発表によると、純利益は340万ドル(1株当たり2 セント)。前年同期は4080万ドル(同25セント)の赤字だった。 ブルームバーグがまとめたアナリスト16人の予想平均は1株当たり 8セントの赤字。

売上高は3億3410万ドルと、前年同期の3億2670万ドルから 増加。販売戸数は570戸、平均価格は58万6000ドルだった。前年 同期は596戸、平均価格は54万8154ドル。税引き前評価損は 2510万ドル(前年同期は3340万ドル)。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE