ドラギ氏のゴールドマン職歴、ECB総裁後任選びで問題視-独紙

欧州中央銀行(ECB)政策委員 メンバー、イタリア中銀のドラギ総裁が在籍したゴールドマン・サッ クス・グループでの過去の職歴が、トリシェECB総裁の後任選びで 欧州連合(EU)各国政府にとって問題となっている。ドイツ紙ハン デルスブラットが、匿名のフランス政府当局者の話を引用して報じた。

同当局者は、想像を上回る「過剰」状態の米金融システムの中心 にドラギ氏がいたと指摘したという。後任が6月まで決定されないこ とから、フランスはどの候補者を支持するかまだ決めていないと、同 紙は伝えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE