欧州の銀行への投資を回避、国債保有リスク高過ぎる-英ベイリー

英資産運用会社ベイリー・ギフ ォードは、スペインのサンタンデール銀行など欧州の銀行への投資を 避けている。各行のソブリン債保有に伴う損失リスクが依然として大 き過ぎるという。

同社のジェラルド・スミス副最高投資責任者(CIO)はエディ ンバラでインタビューに応じ、保守的な運用で競合行より多くの国債 を保有している銀行は、想定される規制変更に伴い資本増強を迫られ るだろうと述べた。同副CIOは、ドイツテレコムなど増配している 通信会社を選好しているという。

スミス副CIOは「金融株に対し若干の熱狂が見られるが、時期 尚早だと思う。引き続きソブリン債問題を解決する必要があるし、構 造的に投資リターンを小さくする資本要件の変更がある」と語った。

同副CIOは、スペイン最大の銀行であるサンタンデール銀の株 式を売却し、他の欧州金融株への投資も昨年末に減らしたという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE