1月の米中古住宅販売件数:7カ月ぶりの高水準から減少か-BN調査

1月の米中古住宅販売件数は7カ 月ぶりの高水準から減少したもようだ。いかなる販売回復も、進展に は時間がかかることを示しているとエコノミストは指摘している。

ブルームバーグ・ニュースが実施した調査では、23日発表の1月 の中古住宅販売件数は前月比1.1%減の522万戸(年率換算、73社 の予想中央値)が見込まれている。2010年通年の販売件数は491万 戸と、13年ぶりの低水準だった。

住宅需要は、少なくとも10年で最低の水準に達した10年7月以 降、上向いてきている。差し押さえに起因した値下げと過去最低水準 の住宅ローン金利によって、値ごろ感が増したためだ。ただ、失業率 が高止まりしていることから、値引きを生かせる住宅購入者は限られ、 差し押さえ物件は今後も大量に供給されそうだ。

ムーディーズ・アナリティクスのシニアエコノミスト、アーロン・ スミス氏は、住宅市場の「基調は改善し始めているかもしれないが、 販売件数はまだ低い水準にある」と指摘した。

全米不動産業者協会(NAR)は午前10時(ワシントン時間) に中古住宅販売件数を発表する。ブルームバーグ調査での予想レンジ は486万-550万戸。昨年12月は528万戸だった。NARは過去3 年のデータの改定値も発表する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE