ボルボ・カーズ:初の中国工場は成都に、監査役会が計画承認-関係者

中国の浙江吉利控股集団が昨年買 収したスウェーデンのボルボ・カーズは、同社初の中国組立工場を成 都に建設する。計画を直接知る関係者1人が明らかにした。

25日の正式発表前だとして匿名を条件に語った同関係者による と、ボルボ・カーズの監査役会は22日、新工場建設を承認した。同 社の広報担当者、ステファン・エルフストロム氏はコメントを控えた。

監査役会の承認作業を前に広報担当者のオレ・アクセルソン氏が 語ったところでは、新工場の年間生産能力は10万台の公算で、2013 年の早い時期に稼働する見込みだ。同社は現在、米フォード・モータ ーと中国の重慶長安汽車が共同所有する工場で中国市場向けのセダン 「S40」と「S80L」を製造している。

ボルボ・カーズの別の広報担当者によれば、同社は中国で15年 までに25万台の販売を目標としている。10年は3万522台だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE