日揮株が6日ぶり反発、株価は過去の中東ショックと同程度まで下落

日揮株が6日ぶりに反発。一時前日 比3.3%高の1867円を付けた。中東・アフリカでの受注残が多く、同地 域の混乱がプラントの受注や建設に与える影響が懸念され、株価は前日 までの5日間で11%下げた。野村証券の岡嵜茂樹アナリストは22日付の リポートで、1日高値からの騰落率がTOPIXを17%アンダーパフォ ームしていることを挙げ、「過去3度の中東ショックと同程度までは調 整している」との見解を示している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE