国連安保理:リビアの反政府勢力への攻撃を非難-声明

国連安保理は22日、リビア情 勢に関する緊急会合を開き、リビアのデモ隊への攻撃を非難する 声明を発表した。

議長国ブラジルのビオッティ国連大使は記者団に対し、「安保 理理事国は暴力や民間人に対する武力行使を非難し、平和的なデ モ隊に対する弾圧に遺憾の意を表した」と説明した。

リビア国連代表部のダバシ次席大使は安保理後に記者団に対 し、カダフィ大佐に忠誠を誓う部隊が大佐の演説後に同国西部の 都市への攻撃を始めたとの情報を入手したことを明らかにした。 ダバシ次席大使は、攻撃された「人々はもちろん武器を持ってい ない。私はリビアで今、大虐殺が始まったのだと思う。大佐の演 説は彼の協力者にとってリビア国民に対する大虐殺を始める暗号 だったと思う」と語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo +81-3-3201-7499 kshugo@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 麗英二 Eiji Toshi +81-3-3201-2421 etoshi@bloomberg.net 記事についての記者への問い合わせ先: William Varner in New York at +1-212-617-4495 or wvarner@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Steven Komarow at +1-202-654-4302 o skomarow1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE